災害時にも活躍?ウォーターサーバーの活用テクニック

人間にとって水は非常に重要

>

いつ災害が起こってもいいように

簡単に水が手に入らない状況

万が一の事態が起こって水道水が出なくなったとしても、コンビニやスーパーで水を買えばいいと思っている人が見られます。
確かにそのようなお店でも、ミネラルウォーターを販売しています。
しかし周辺が断水した時は、住民がみんな同じことを考えます。
お店は混雑していますし、水を確保できないかもしれません。

また買えたとしても、小さいペットボトルが1本だけでは意味がありません。
ウォーターサーバーがあれば、いつでも家族の人数分の水を確保できます。
災害が起こっても、混雑しているお店に行かなくて済むので、ぜひ備えておきましょう。
二次災害が起こる可能性もあるので、なるべく外に出ない方がいいです。
自宅に待機していましょう。

水分補給の重要性

人間の体内の半分以上が水分です。
水分を失うと、病気になりやすいので気をつけてください。
災害時はずっと座っていることが多くなります。
すると、エコノミー症候群を発症する人が増加するので、対策をしましょう。
こまめに運動したり、水分を補給することで防止できます。
エコノミー症候群の原因は、水分が不足することも挙げられます。

災害時は、なるべくトイレに行かないよう水分を取らないようにしている人がいます。
しかし病気の原因になるので、きちんと摂取してください。
一気に飲むとお腹を壊すかもしれないので、数分おきに少しずつ摂取するのが正しい方法です。
ウォーターサーバーが自宅にあれば、好きなタイミングで水分補給ができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る